FC2ブログ
第87回 東京優駿(予想1)


さて今週から東京GⅠ5週連続となるが、オークスとダービー以外は
やる気がおきません。

しかも競馬の熱がかなり冷めてます。

一番の理由は「大手馬主しか勝てない」ということ。

個人馬主でダービーの夢を追っていた生産者の活躍が少なくなり
夢ではなく企業の金儲けでしか感じられなくなった事です。

ただダービーだけはまだ騎手、馬主の栄光というステイタスが加わりますから
少しは楽しめます。


さてここでクラシックのおさらい。
まず牡馬。

無敗で皐月賞を制したコントレイル。

2019年 サートゥルナーリア ダービ⑤ 皐月賞① ホープ①
2005年 ディープインパクト ダービ① 皐月賞① 弥生賞①
2001年 アグネスタキオン ダービ未 皐月賞① 弥生賞①
1992年 ミホノブルボン ダービー① 皐月賞① スプリ①


コントレイルは皐月賞の優先出走権を持ち合わせていません。


2017年 アルアイン ダービ⑤ 皐月賞① 毎日杯①
2016年 ティーマジェスティ ダービ③ 皐月賞① 共同通①

2015年 ドゥラメンテ ダービ① 皐月賞① 共同通②

2014年 イスラボニータ ダービ② 皐月賞① 共同通①
2008年 アンライバルド ダービ未 皐月賞① 弥生賞④
2002年 ノーリーズン ダービ⑧ 皐月賞① 若葉S⑦

1999年 テイエムオペラオー ダービ③ 皐月賞① 毎日杯①
1990年 ハクタイセイ ダービ⑤ 皐月賞① きさら①


連対したのはドゥラメンテただ1頭。
2冠を達成させるなら京都新聞杯①馬が必要でしょう。

2015年
1着 7枠14番 ドゥラメンテ 皐月賞① 共同通②
2着 1枠1番 サトノラーゼン 京都新聞①
3着 6枠11番 サトノクラウン C・ルメール騎手 皐月賞⑥ 弥生賞①

1着 コントレイル 皐月賞① ホープ①
2着 ??????? 京都新聞①
3着 サトノフラッグ C・ルメール騎手 皐月賞⑤ 弥生賞①

こんなイメージです。


皐月賞2着のサリオスは騎手が問題かなと(D・レーン)
毎年言っているのですが、クラシック(皐月賞・菊花賞)を先に勝たないとダービー騎手には
なっていないはずです。

あのCルメールでさえ2016年サトノダイヤモンドで2着に負け、同年菊花賞を勝ち
2017年レイデオロで勝つのです。

たしかに昨年のサートゥルナーリア1番人気で雪辱ってのもありますが・・・。
Secret