FC2ブログ
第80回 菊花賞(予想4)

条件戦が勝った2004、2009年は以下の通り。

2004年
1着 8枠18番 デルタブルース 九十九里①(1000万)兵庫特⑤(1000万)
2着 3枠5番 ホオキパウェーヴ セント② ダービ⑨ 青葉賞②
3着 1枠1番 オペラシチー 朝日C⑦ 玄海特①(1000万)

7着 5枠10番 ハーツクライ 神戸新③ ダービ② 京都新① 皐月賞⑭(1番人気)

2009年
1着 1枠1番 スリーロールス 野分特①(1000万)弥彦特⑤(1000万)
2着 2枠3番 フォゲッタブル セント③ 阿賀野川②(1000万)
3着 6枠12番 セイウンワンダー 神戸新③ ダービ⑬ 皐月賞③

5着 5枠9番 リーチザクラウン 神戸新② ダービ② 皐月賞⑬(1番人気)


1着馬は条件戦勝ち上がり馬ですが、連勝はしていません。

カリポール・・・初GⅠ騎乗の藤井騎手ではいかがなものか?


1番人気はダービー2着馬の優先出走権馬。

ダービー出走という考えでいけば、ヴェロックスも危ない馬の一つでもありますが・・・。

特に2009年は7枠15番ポルカマズルカという牝馬出走という点も一致しています。


牝馬出走といえばダンスパートナー

1995年 
1着 5枠10番 マヤノトップガン 京都新② 神戸新聞② 900万①
2着 8枠17番 トウカイパレス 京都新④ 900万① 900万②
3着 7枠15番 ホッカイルソー セント④ 東京優④ 皐月賞④

5着 2枠4番 ダンスパートナー 仏⑥ 仏② オークス①(1番人気)

この2009年と1995年の共通を考えたがまったく考えられません。
しいていえば1、2着ともに春のクラシックを走っていない点でしょうか。


そこで4枠8番に配置された牝馬として考えたとき、2017年の皐月賞が思い浮かびます。

2017年 皐月賞
1着 6枠11番 アルアイン 松山 毎日杯①
2着 4枠7番 ペルシアンナイト M・デムーロ アーリ①
同枠 4枠8番 牝ファンディーナ

皐月賞も優先出走権をすべて破棄させていますが騎手にも注目です。
今年の菊花賞の配置に似ていると思いませんか?

こうなると、7ヒシゲッコウ、11シルフマンなどを買いたくなります。


次に騎手です。

2017年 皐月賞
1着 6枠11番 アルアイン 松山 
2着 4枠7番 ペルシアンナイト M・デムーロ
3着 5枠10番 ダンピュライト 武豊 

2017年 ダービー
1着 6枠12番 レイデオロ C・ルメール
2着 2枠4番 スワーヴリチャード 四位
3着 8枠18番 アドミラブル M・デムーロ

2017年 菊花賞
1着 7枠13番 キセキ M・デムーロ
2着 2枠4番 クリンチャー 藤岡
3着 7枠14番 ポポカテペトル 和田


2019年 皐月賞
1着 6枠12番 サートゥルナーリア C・ルメール
2着 4枠7番 ヴェロックス 川田
3着 2枠4番 ダノンキングリー 戸崎

2019年 ダービー
1着 1枠1番 ロジャーバローズ 浜中
2着 4枠7番 ダノンキングリー 戸崎
3着 7枠13番 ヴェロックス 川田

順番に行けば、川田騎手なのです。

皐月賞4枠7番で2着
ダービー3着

そして菊花賞、13番配置で1番人気です。
2017年同様に阿賀野川①着馬同枠も同じです。

だから配置が恐ろしく一致していて怖いんですよ。

負ける要素もあれば勝つ要素もあるんです。


予想1からも◎ヴェロックを考えます。

その場合相手はゾロ目本線〇サトノルークス。

▲レッドジェニュアル
△ユニコーンライオン
△サダル


申し訳ないが、このパターンとクラシックを走っていない馬達の
馬券も考えます。
それは明日にでも。
Secret