上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パーツ交換メンテナンス、修了しました。

先週の土曜日にAmazonでポチ、ポチ。 週中でもポチ、ポチ購入。
平日の夜中にコソコソ作業し、そして本日走行調整してきました。

主な変更点はST-6600G、いわゆる触覚STIから触覚なしのST-6700に変更して
ハンドル幅を400から420に変更。
フロント、リアディレイラーは現行6600シリーズです。
ただし、BB、チェーン、ホイール、スプロケはデユラに以前に変更済み。

16-024.jpg

試走した印象は・・・「別物」
触覚STIのワイヤーはかなりいい物入れていましたので非常に軽い操作でした。
今回はシマノ純正品のワイヤー。
新品という事もありましたが、しっかりとタッチが感じられるSTIです。
なによりフロント回りがスッキリし、2010年物とは思えない位の仕上がりです。

(シフトが重たいなぁと感じたらワイヤー交換だけでも良さそうです)

ハンドルは同じ種類のカーボンCC400からCC420へ変更。
これは大正解でしょう。
持った感触の安定感が増しました。

GPSサイコンはバッテリーを気にしなければ問題なし。
そこそこ大型画面なのでかなり見やすいです。
別売りのマウントブラケットも非常に見やすいいい位置に配置されます。

失敗なのは、バーテープ。
カーボン調のタイプなのですが、クッション性がなくもしかしたら疲れるかな?と印象を受けます。
ここはグローブを新調してカバーしましょう。

あとサドル。
尻当たりはいいのですが、滑るんです。
昔買ったフィジークもあるので、もう一度それを試してみます。
サドルは永遠のテーマですね。

16-022.jpg

細かいところでは、ボトルゲージも変えました。
いつもエリートシリーズを買っているのですが、今回もエリートです。
ですが、形状が違うタイプを購入。こっちのタイプの方がボトルを入れやすい。
遂にボトルも変更しました。



総括・・・シートポストも元のカーボンに変え、グリスUPもし重量も300g落としました。
その結果もあるのですが、かなりハンドリングの安定と軽さが増えた印象。

0mダッシュは早いが減速も早い。ツーリングには不向き。
まさしくトレーニングマシーン化しています。でもトレーニング走は嫌いです。

ですので、平坦ロングポタにはホイールをRS-30に変えて走った方がいいかもしれない。
そんな訳でそちらのホイール整備もする予定です。

今回の作業で、自転車は工具さえあれば自分で組み立て調整が出来る。
という事もわかり、フレームから自分で購入して組み立てたくなりました。

大人のプラモデルです。


★ご訪問ありがとうございます
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへにほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ

fuji01.jpg
ファンサイトはこちら

Fujibowl(旧富士ボウル)
〒358-0026 埼玉県入間市小谷田(大字) 1262-2
TEL : 04-2934-4142 FAX : 04-2934-7155
営業時間 朝8:30~夜23:30(年中無休)
HPはこちら


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。