上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
男旅シリーズ化に向けての第2段。
「男旅in鬼怒川」の全貌は今ココに明かされる・・・・。

なお文書力高い「東風」さんのブログはこちらからです。

出発は午前5:00。
東風さんは毎日激務で若干疲れ気味、私は興奮のあまり眠れず寝不足気味。
しかし、こういう時こそ集合時間は守るのです。


残念ながら機関車アブハンターが不参加でしたので、ゆっくり行こうという計画・・・・。
↓↓コイツ↓↓
15-084.jpg

しかし!!入間→熊谷まで一般道でも若干下り調子で走るので、機関車アブハンター不在でも
このような巡航速度で走りこみます。
理由は二つ。
一つはすでに戦闘態勢に入ってしまった事。
暗黙の了解というか、アブハンターに体の隋までしみ込まされていました。
二つ目の理由は後半で解ります。
15-065.jpg

それでも我々は安全祈願を欠かせません。
こういうちょっとした祈願でも効果はあると思います・・・と信じております。
15-066.jpg

1回目の休憩。ここまで30キロ予定通りの時間です。
参考までですが、一般道(平坦)の時間と距離は時速15~20km/hで考えると信号停止等の
誤差が調整できます。
15-085.jpg

お気に入りの利根川記念撮影、何故かいつもココで写真を撮ります。
う~ん「東風」さんは白黒ヴァージョンのウェア作ろうかな(笑
15-067.jpg
15-068.jpg

早く、熊谷と桐生を抜けなければ灼熱地獄が待っていますので
急いで走り抜けます。これが二つ目の理由です。
15-069.jpg

二回目の休憩を太田で済まし、まず目的地の大間々駅に到着。
15-086.jpg

5月以降ボウリングに明け暮れ、自転車用の脚を作っていない私は
やはり大間々残り4キロ手前で撃沈。

「いろはす」は飲んでもよし、頭にかけてもよし、万能飲料です。
15-073.jpg

ここからはトロッコ列車に乗ります。
男旅はただひたすら走るだけではないのです。
もう残り少ない人生・・・いかに充実し遊ぶかです。

いわゆる一つのリア充なんでしょうか。

小学生の同乗している車両となってしまいましたが、私は大の子供好きであり
隣に座った女の子と結構話してしまいました。
決してロリでは御座いません。出来れば奥様方とお話をしたかったのですが、皆様お弁当の
方が夢中のようで・・・。
15-075.jpg

トロッコ列車に揺られて1時間半。足尾駅に到着。
自転車を組み立ていざ、日光へ向かいます。
15-087.jpg

ちなみにトロッコ列車の乗客は一つ前の「通洞」で降りてしまうため(足尾銅山が近い)誰もいません。
またこの静けさが心と脚を癒してくれます。

男旅in鬼怒川(編集長2)へ続く。


★ご訪問ありがとうございます
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへにほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。