FC2ブログ
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
第163回 天皇賞・春(結果)

1着 △1枠1番 ワールドプレミアム
2着 〇6枠12番 ディープポンド
3着 △2枠3番 カレンブーケドール

いあぁ失敗、失敗。
最後の最後に◎と△を入れ替えてしまいました。申し訳ない。

ただ指針は間違っていなかったので良しとさせてくださいw


しかし福永流石だね。
YouTubeで今年の阪神3200m外内の攻略を放映してたけど、そのまんまでした。
第163回 天皇賞・春(予想3)

牝馬が勝った日経賞は1988年

1988年 天皇賞春
1着 4枠8番 タマモクロス 阪神大① ス金杯①
2着 7枠14番 ランニングフリー OP①
3着 3枠5番 メジロデュレン 大阪杯⑦ 有馬記①(86菊花賞①)


この流れだと、
ディープポンド 阪神大① 京金杯⑭
ディアスティマ OP①
カレンブーケドール 日経賞②(有馬記念①同枠)



前年の有馬記念で同着を出した翌年の天皇賞春。

1990年 有馬記念 11着同着
1991年 天皇賞春 1着 メジロマックイーン 阪神大①

1986年 有馬記念 6着同着
1987年 天皇賞春 1着 ミホシンザン 日経賞①


前走GⅡ1着歴か、菊花賞馬か。
ちなみに翌年の有馬記念は前年の菊花賞馬が連対(コントレイル)

ワールドプレミアム 菊花賞馬
ディープポンド 阪神大①
ウインマリリン 日経賞①



さて結論。

阪神開催だった天皇賞春は岡部騎乗のビワハヤヒデ。2着は武ナリタタイシン。
共に明け4歳馬であった。

その前日重賞(土)京王杯SCは、1着武、2着岡部。

となれば、土曜日の青葉賞は1着和田、2着ルメール。


天皇賞春
4歳 アリストテレス ルメール
4歳 ディープポンド 和田

これが一番いいのではないか?


◎アリストテレス。
3着型であるが、ルメール天皇賞6連続に期待。
同枠の菊花賞馬の配置もよしとします。
なので、△ワールドプレミアムと入れ替え。

〇ディープポンド。

▲ディアスティマ。58キロは不安材料であり目標にされるが
この阪神外→内は前残り競馬もしやすいし、前走タイムが異常。
日経賞で牝馬が勝った年は前走OP競走①着が2着となった。


△ユーキャンスマイル
△カレンブーケドール
△ウインマリリン

3着はゾロ目か牝馬か。
第28回 テレビ東京青葉賞(結果)

1着 〇1枠2番 ワンダフルタウン
2着 ◎5枠10番 キングストンボーイ
3着 -4枠7番 レッドヴェロシティ


公開はしていませんが、今年のダービーゾロ目戦を考えると
人気決着しかない。

この結果から天皇賞春も考えました。
第163回 天皇賞・春(予想2)


1999年 メジロブライト
98阪神大①→天皇賞春① 99阪神大②→天皇賞春②

1着 スペシャルウィーク 阪神大①


2008年 アイホッパー
07阪神大①→天皇賞春④ 08阪神大②→天皇賞春⑪

1着 アドマイヤジュピタ 阪神大①


2017年 シュヴァルグラン
16阪神大①→天皇賞春③ 17阪神大②→天皇賞春②

1着 キタサンブラック 大阪杯①
3着(裏1)サトノダイヤモンド 阪神大①


2021年 ユーキャンスマイル
20阪神大①→天皇賞春④ 21阪神大②→天皇賞春? 

?着 ディープポンド 阪神大①
裏番 マカヒキ(16ダービ①)



Aタイプ
2018年 天皇賞春
1着 6枠12番 レインボーライン 阪神大①(17天皇賞⑫)
2着 6枠11番 シュヴァルグラン 大阪杯⑬(3回目出走)
3着 4枠8番 クリンチャー 阪神大③(17菊花賞②)

ア型:レインボーライン 16菊花賞②→17天皇賞春⑫→18天皇賞春①

イ型:シュヴァルグラン 16天皇賞春③→17天皇賞春②→18天皇賞春②



ア型:メイショウテンゲン 19菊花賞⑫→20天皇賞春⑧→21天皇賞春?

イ型:ユーキャンスマイル 19天皇賞春⑤(同③)→20天皇賞春④→21天皇賞春?

ア型とイ型が今年6枠ゾロ目に配置なので
3番人気勝ちの阪神大賞典2018年と同じとなる。

ディープポンド。


アリストテレスは阪神大賞典の予想を反復して、
やはり2018年クリンチャー同様に阪神大で1番人気を背負い負け天皇賞春は3着。

△アリストテレス
△ユーキャンスマイル