FC2ブログ
第61回 宝塚記念(結果)

1着 △8枠16番 クロノジェネシス
2着 -7枠14番 キセキ
3着 ▲6枠12番 モッズベロ

ちょっと深読みしすぎました。
最初のとおり2009年の今季GⅡ勝ち、前走GⅠ共通のクロノジェネシスで
よかったのではないか。
取消戦の京都記念を重視したったのが敗因とみる。


負けた馬券は取手競輪で取り返したのでまぁ良しとしようw
第61回 宝塚記念(予想2)

宝塚記念ファン投票で牝馬が1、2位を独占したのはないが、有馬記念では過去ある。
2年連続ファン投票1位で2年連続未出走は2009年と同じ。

2008年 有馬記念
1位 ウオッカ(未出走)
2位 ダイワスカーレット(1着・8枠ゾロ目・1番人気)
3位 メイショウサムソン(8着)

2009年 有馬記念
1位 ウオッカ(未出走)
2位 ブエナビスタ(2着・1番人気)
3位 ロジユニヴァース(未出走)
4位 ドリームジャーニー(1着・2番人気)


2019年 宝塚記念
1位 アーモンドアイ(未出走)
2位 レイデオロ(5着・2番人気)
3位 キセキ(2着・1番人気)
9位 リスグラシュー(1着)

2020年
1位 アーモンドアイ(未出走)
2位 ラッキーライラック(2番人気)
3位 サートゥルナーリア(1番人気)
6位 クロノジェネシス(3番人気)
7位 キセキ



宝塚記念の2年連続牝馬1位未出走と有馬記念で2年連続牝馬1位で未出走。

2009年 宝塚記念
1着 6枠9番 ドリームジャーニー 天皇春③ 大阪杯①(3位・2番人気)
2着 5枠8番 サクラメガワンダー 金鯱賞① 京都記②(12位・3番人気)
3着 7枠11番 ディープスカイ 安田記② 大阪杯②(2位・1番人気)

2009年 有馬記念
1着 5枠9番 ドリームジャーニー 天皇秋③(4位・2番人気)
2着 1枠2番 ブエナビスタ エリザ③ 秋華賞③(2位・1番人気)
3着 3枠6番 エアシェイデジ JC③ 産経オ③(16位・11番人気)


ファン投票2位であるラッキーライラックか、ファン投票未出走を除く
上位2位であるサートゥルナーリアのどちらか。



■京都記念は今年出走取消戦。

2009年の京都記念アサクサキングス(未出走)も取消戦。
クロノジェネシス 京都記念① 秋華賞①ともに取消戦がために
今回の宝塚記念では難しいのではないか。


また出走取消した京都記念の出走は1998年

1998年 宝塚記念
1着 8枠13番 サイレンススズカ 金鯱賞① 小倉大①(6位・1番人気)
2着 4枠4番 ステイゴールド 目黒記② 天皇春②(9番人気)
3着 4枠5番 エアグルーヴ 鳴尾記② 大阪杯①(1位・3番人気)

1番人気、金鯱賞勝ちのサートゥルナーリア。
ワイド発生に期待。


■金鯱賞2.01.6は2018年

2018年 スワーヴリチャード 金鯱賞①→大阪杯①(GⅠ)枠連8-3

58キロ斤量だったルーラシップ⑤になるか、サイレンススズカ①になるか。
どのみち1番人気連対は必至か。



◎サートゥルナーリア。
金鯱賞58キロ勝ち、ファン投票上位未出走除く第2位の選出。

〇ラッキーライラック。
フルゲート宝塚記念は当年GⅠ勝ち。

▲モッズベロ。
ワイドゾロ目期待。

△クロノジェネシス
△ブラストワンピース
△ステッフェリオ
第60回 宝塚記念(予想1)


2020年 ファン投票結果
1位 アーモンドアイ(未出走)
2位 ラッキーライラック
3位 サートゥルナーリア

■2年連続ファン投票1位で2年連続未出走は2009年

2009年
1着 6枠9番 ドリームジャーニー 天皇春③ 大阪杯① 中山記②(3位)
2着 5枠8番 サクラメガワンダー 金鯱賞① 京都記② 鳴尾記①(12位)
3着 7枠11番 ディープスカイ 安田記② 大阪杯②(2位)


■宝塚記念→有馬記念、同一ファン投票優勝の翌年(有馬記念後に引退)

2019年 リスグラシュー(有馬記念後に引退)
2009年 ドリームジャーニー
2006年 ディープインパクト(有馬記念後に引退)
2000年 テイエムオペラオー
1999年 グラスワンダー


2007年
1着 3枠6番 アドマイヤムーン QE2③ 京都記① 香港C②(5位)
2着 8枠17番 メイショウサムソン 天皇春① 大阪杯①(1位)
3着 3枠5番 ポップロック 目黒記① DSC⑥ 京都記②(10位)



金鯱賞を勝ってきたサートゥルナーリア(3位)
大阪杯(GⅠ)ラッキーライラック(2位)

クロノジェネシス(6位)


このあたりだろう。
第70回 安田記念(結果)

1着 ◎7枠11番 グランアレグリア
2着 〇4枠5番 アーモンドアイ
3着 △4枠6番 インディチャンプ


14頭立ても7枠のワイドゾロ目。今年は京王杯も8枠ゾロ目でワイドもゾロ目。
今回も自分の中ではかなり上出来。


やはりアーモンドアイは勝てない。歴史を作るなら牡馬。
牝馬では価値がない。

正直、アーモンドアイが勝つようならもうこの予想方法もお終いだなとは
思っていましたが、歴史は繰り返す。これは正しいと思う。



今後のアーモンドアイはGⅠ勝てないと思うし、勝ってはいけない存在。

テイエムオペラオー

①天皇賞・春(7勝目)
②宝塚記念

①京都大賞典
②天皇賞・秋
②JC
⑤有馬記念


アーモンドアイ

①ヴィクトリアM(7勝目)
②安田記念

?天皇賞・秋
?JC
?有馬記念

テイエムオペラオー同様にアーモンドアイもこの先すべて1番人気だろう。
ならばうまみがあるのはその他の単勝だ。
第70回 安田記念(予想2)

まず△インディチャンプ。
同じ馬主としては、アーモンドアイに勝って欲しいわけで、ここは援護と読みます。
横に並んでか、前か後ろかなので3着候補。

そもそもインディチャンプのマイラーズCも取消戦。
アーモンドアイのヴィクトリアMも取消戦。

同枠にしたのはよくわかりません。
調べればきっとそういう枠順構成はでてくるとは思いますが、時間もないので。


賞金増額戦

2016年(第66回ゾロ目)
1着 5枠6番 ロゴタイプ ダCT② 中山記⑦
2着 6枠8番 モーリス Cマイ① 香港M①(15安田記①・1番人気)
3着 7枠10番 フィエロ 読売マ② 六甲S①

2018年
1着 5枠10番 モズアスコット 安土城② 読売マ②
2着 2枠4番 アエロリット ヴィク④ 中山記②(17NHK①)
3着 1枠1番 スワーヴリチャード 大阪杯① 金鯱賞①(1番人気)

14頭立て
1999年
1着 7枠12番 エアジハード 京王杯② 谷川岳②
2着 5枠7番 グラスワンダー 京王S① 有馬記①(1番人気)
3着 7枠11番 シーキングザパール 高松宮② 米モニ④ スプリ


まずは前走賞金加算のみの唯一の◎グランアレグリアに期待。

京王杯の8枠ゾロ目からもそうなのですが、2002年のアドマイヤコジーン
高松宮記念②からの参戦も一致します。

私的には2002年と1999年の組み合えせな気がします。

2002年
1着 8枠18番 アドマイヤコジーン 高松宮② 阪急杯①
2着 8枠17番 ダンツフレーム 京王S④ マイル⑤
3着 1枠2番 ミレニアムバイオ 読売マ① 東風S①


◎グランアレグリア
〇アーモンドアイ
▲ダノンプレミアム
△ダノンスマッシュ
△ヴァンドギャルド
△インディチャンプ


アーモンドアイが国内7勝目(海外除く)となれば相手は8枠とみます。
第70回 安田記念(予想1)


さてアーモンドアイが禁断のGⅠ8勝(海外含む)に臨みます。

81 シンボリルドルフ
96 テイエムオペラオー
02 ディープインパクト
04 ウオッカ
09 ジェンティルドンナ(海外1勝)
12 キタサンブラック

歴代名馬はGⅠ馬8勝をしていません。


この中で国内最後にGⅠを勝ち7勝したのは・・・・

81 シンボリルドルフ(後、海外⑥着)
02 ディープインパクト(有馬記念①)
04 ウオッカ (JC①、後、海外⑧着)
09 ジェンティルドンナ(有馬記念①)
12 キタサンブラック(有馬記念①)

そうなると残るは、テイエムオペラオーとなります。

このテイエムオペラオーは01天皇賞(春)を勝ち、宝塚記念で②着となります。

2001年 宝塚記念
1着 3枠3番 メイショウドトウ 
2着 4枠4番 テイエムオペラオー

このあたりのイメージです。


アーモンドアイが負けるならここ。

2004年
1着 7枠14番 ツルマルボーイ 大阪杯⑥ 有馬記④
2着 5枠9番 テレグホシス 京王S②(前年安田記念②同枠)
3着 8枠16番 バランスオブゲーム 大阪杯④ マイル④

5着 4枠7番 ローエングリン(前年安田記念③1番人気+今年も1番人気)


ただし完璧に負けるとは思っていません。
テイエムオペラオーのように2着ではないかなといいうのが今のところの推測。