FC2ブログ
ケイリングランプリ2019(結果)

1着 ④佐藤
2着 ③脇本
3着 ⑧平原

清水-松浦を一切競輪させなかった、脇本、新田のメダル組。
二人で駆けてしまえば、後ろは何もできませんね。


⑧平原はよく3着まで来ましたが、清水-松浦の後ろで周回を重ねたことによって
8番手になってしまったことが敗因でしょう。それでも3着まで持ってくるあたりは
まだまだ力がありますね。
誰か平原の機関車がいれば・・・・

そして最後は新田のスピードについていった同県佐藤の優勝。
ベテランのうまさをみました。

最後の最後まで見ごたえあり、また綺麗なケイリン。



とりあえず、当分お休みします。
また来年・・・・・。
ヤンググランプリ2019

現地で見てきました。
今日は天気もよく、絶好のケイリン日よりで賑わってましたね。

まぁ車券はハズレましたが、地元河合くん見せ場ありだったでしょう。






ケイリングランプリ2019(予想)

並び予想⇒
③脇本-⑨村上 ⑤清水-②松浦 ⑦新田-④佐藤慎 (単騎)①中川・⑥郡司・⑧平原

②松浦の後ろに①中川の展開も考えます。


さてオカルト的な予想から。

⑦新田選手。
というのもケイリングランプリは前年①番車が勝つと次は⑦番車が継続中。

日本のケイリンとケイリン競技では自転車が違いすので、若干の不安がありますが、
今年のオールスター前に乗り方を変えてからケイリン競技もよくなった気がします。

不安なのは⑦新田の過去グランプを見るとほぼ最後方から捲るのですがやはり届かず。
となると、やはり③脇本が駆けて⑨村上が続くのですが、⑨村上はドームのほうが
成績がよく立川はあまり愛称がよくなさそうな雰囲気です。

そうなれば③脇本駆けて⑨村上車間切れたら飛びつく⑤清水、②松浦コンビ。

逆に日本選手権のように⑤清水がB駆ければ3番手になりそうな③脇本有利ですが、
立川は逃げ切り厳しいと思いますので、3番手になりそうな⑤清水、②松浦とみます。

立川の逃げ切りは厳しいと思いますが、たぶんプライドにかけて③脇本がB行く。

②松浦=⑤清水 外回って⑦新田



⑤清水が行ってしまえば③脇本の餌食とみて

③脇本=②松浦 外回って⑦新田、⑨村上、①中川

これが本線で購入してみます。
ガールズグランプリ2019

まぁ正直わかんないすっよね。
という訳で、東京支部の応援ですわ。

面識ある奥井さんから梅川、石井寛。
カマシ強い児玉へ。



ヤンググランプリ2019

ここは地元、河合くんなのですが、昨年の雪辱を晴らす南かなと。



ケイリングランプリ2019

今年はある選手を狙ってます。
さすがに脇本は強いと思いますが、立川バンクでの逃げ切りはきついかと。
そしてある法則があるので、その選手を狙ってみます。

また後日にでも。
第64回 有馬記念(結果)

1着 3枠6番△リスグラシュー
2着 5枠10番〇サートゥルナーリア
3着 4枠7番▲ワールドプレミアム


本人はサートゥルナーリア、ワールドプレミアムの単勝のみで視聴。
あっという間のリスグラシューでしたね。


お疲れ様でした。
来年も一応GⅠは予想しますが、あまり期待しないでください。

あとはケイリン!!
第64回 有馬記念(予想2)

年度代表馬、優駿3才馬を決定するにあたって、
アーモンドアイ、サートゥルナーリア、ワールドプレミアムあたりが候補だろう。

さてその前にレイデオロ。彼はジャパンカップ11着。
平成最初の有馬記念はイナリワン前走ジャパンカップ11着からの巻き返し。

確かに前走だけを考えると同じなのだが、私は否と考えます。
騎手が「変わった」からである。

ようするに変わりましたよと言っているのではないか?
消費税も8%から10%に変わりましたし・・・。



さてゼッケン4番に配置しなかったアーモンドアイ。
怪しいと思うが、やはり勝つ場合は2着に3才馬が本線。

しかし天皇賞(秋)1着から直接参戦し有馬記念を勝った馬は馬番時代はいない。
ならばアーモンドアイは勝てず、来年の安田記念を勝って引退ではなかろか?


天皇賞秋
1着 アーモンドアイ
2着 ダノンプレミアム 川田

JC
1着 アーモンドアイ
2着 キセキ 川田

秋華賞
1着 アーモンドアイ
2着 ミッキーチャーム 川田

オークス
1着 アーモンドアイ
2着 リリーノーブル 川田

桜花賞
1着 アーモンドアイ
3着 リリーノーブル 川田

どんだけ川田が好きやねん!?






牝馬1番人気の有馬記念は以下の通り。


2010年(2番-1番人気)
1着 1枠1番 牡3ヴィクトワールピサ JC③ 凱旋門⑦・・・ダービ③ 皐月賞①
2着 4枠7番 牝4ブエナビスタ JC① 天皇秋④(1番人気)
3着 6枠11番 牡3トゥザヴィクトリー 中日新① マイル⑦ カシオ①

※前年のJRA賞はウオッカ(不在)
※年度代表馬はブエナビスタ(年内GⅠ2勝・ファン投票1位)


2009年(2番-1番人気)
1着 5枠9番 牡5ドリームジャーニー 天皇秋⑥ 産経オ② 宝塚記①
2着 1枠2番 牝3ブエナビスタ JC② 天皇秋① 宝塚記②(1番人気)
3着 3枠6番 牡8エアシェイディ JC⑤ 天皇秋⑧

※前年のJRA賞はウオッカ(不在・ファン投票1位)
※年度代表馬はウオッカ。


2002年(2番-13番人気)
1着 1枠1番 牡3シンボリクリスエス JC③ 天皇秋① 神戸新① ダービ②
2着 5枠8番 牡5タップダンスシチー 京阪杯⑤ アルゼ③
3着 2枠2番 牡4コイントス アルゼ② 札幌記③
5着 7枠12番 牝3ファインモーション エリ女① 秋華賞①(1番人気)

※前年のJRA賞はジャングルポケット(7着)
※年度代表馬はシンボリクリスエス
※ファン投票1位はナリタトップロード(4着)


1995年(6番-5番人気)
1着 7枠10番 牡3マヤノトップガン 菊花賞① 京都新② 神戸新②
2着 2枠2番 牡4タイキブリザード JC④ 富士S② 宝塚記②
3着 1枠1番 牡5サクラチトセオー 天皇秋① 毎日王④
5着 6枠7番 牝4ヒシアマゾン JC② 京都大①(1番人気・ファン投票1位)

※前年のJRA賞はナリタブライアン(4着)
※年度代表馬はマヤノトップガン


まず2009年ではない。ウオッカがファン投票1位で国内GⅠを3勝していたからだ。

1995年のファン投票1位ヒシアマゾンは年内GⅠ未勝利。


2010年、2002年となる。
勝つのは3才馬とみます。

ワールドプレミアム 菊花賞①
サートゥルナーリア 皐月賞① ホープS①
ヴェロックス

2010年のブエナビスタは年内GⅠ2勝でファン投票1位の1番人気。
今年のアーモンドアイとみます。よって◎2着型。


消費税導入年
1989年(平成元年)
1着 イナリワン 4番人気

1997年
1着 シルクジャスティス 4番人気

2014年
1着 ジェンティルドンナ 4番人気

今現在4番人気は3才ワールドプレミアムを▲とします。

2番人気になっていただければサートゥルナーリア〇

以下△ヴィロックス、△リスグラシュー



◎アーモンドアイ
〇サートゥルナーリア
▲ワールドプレミアム
△ヴェロックス
△リスグラシュー


今年の競馬はサートゥルナーリアとワールドプレミアムの単勝で
締めたいと思います。


ありがとうございました。
競輪に没頭しておりました。
応援している選手を追いかけてあちこちの競輪場の旅へ行っておりました。

そこそこの配当は的中して先週はついに2万車券をゲット。
29日ヤンググランプリ、30日ケイリングランプリも買います!!




第64回 有馬記念(予想1)

オルフェーブル 有馬記念でGⅠ6勝で引退。
ブエナビスタ ジャパンカップでGⅠ6勝目、有馬記念7着で引退。

ディープインパクト 有馬記念でGⅠ7勝で引退。

ウオッカ JCでGⅠ7勝目、以後海外1戦で引退。
ジェンティルドンナ 有馬記念で7勝目(海外1勝)有馬記念で引退。

テイエムオペラオーでさえ有馬記念は6勝目。翌年天皇賞(春)でGⅠ
7勝をしたわけだが、それ以降GⅠでは勝てず、有馬記念で引退。


アーモンドアイが有馬記念で引退を発表するならば7勝目となり
いい形で終わりを告げるとみていましたが・・・・引退撤回。

それはさておき有馬記念で7勝目とした場合の相手をまず考えます。


2006年
1着 3枠4番 ディープインパクト 1
2着 1枠1番 ポップロック メルC② コーフ⑦ 目黒記① 20

2014年
1着 2枠4番 ジェンティルドンナ 2
2着 3枠6番 トゥザワールド 菊花賞⑯ セント②…弥生賞① 16

ともに4番。
2着の共通は外人騎手であり、国内最終勝ちがGⅡ1番人気勝ち。

これに該当するのが神戸新聞杯1番人気勝ちのサートゥルナーリア。

または重賞がGⅡのみと考えると

クロコスミア 府中牝馬(GⅡ)24
スカーレットカラー 府中牝馬(GⅡ)

この2頭になるが、両馬とも府中牝馬でスカーレットカラーは
ファン投票55位である。



よってアーモンドアイ7勝目を考えたときの筆頭はサートゥルナーリア。

◎アーモンドアイ 1
〇サートゥルナーリア(3才)4
△ヴェロックス(3才)17
2019.12.09 余談
オカルト

そういえば昨日、藤田七子騎手が勝ったけど、ものすごくいい状態であった。

七赤金星

七子
⑦番

コパノキッキング(勝負服、黄赤)
ケイリングランプリ2019(予想1)

1位 脇本雄太 33(福井)日本選手権
2位 松浦悠士 29(広島)競輪祭
3位 清水裕友 25(山口)
4位 中川誠一郎 40(熊本)全日本選抜・高松宮記念
5位 佐藤慎太郎 43(福島)
6位 村上博幸 40(京都)寛仁新王杯
7位 平原康太 37(埼玉)
8位 郡司浩平 29(神奈川)
9位 新田祐大 33(福島)オールスター


並び予想・・・・まぁ皆が考える通り。

 (福井・京都)(山口・広島)(福島・福島)(熊本:埼玉:神奈川)
← 脇本・村上  清水・松浦  新田・佐藤  中川:平原:郡司 
              
中川、平原、郡司は単騎ですね。

      ←新田・佐藤  郡司
   ←清水・松浦   中川・平原
←脇本・・・村上

こんなイメージ。


■全日本選抜(別府400)

1着 中川B
2着 佐藤
6着 松浦

Bから単騎捲りの中川が逃げ切り。
松浦は前にだれかいないとさほどでもない印象。


■日本選手権競輪(松戸333)

1着 脇本
2着 清水
8着 松浦(事故入)

バックで仕掛けた清水を8番手からまくった脇本。
脇本番手の古性(4着)はついていけず。
3着以下は3車身


■高松宮記念杯競輪(岸和田400)

1着 中川
2着 新田
4着 清水
5着 脇本
7着 平原

HB脇本の番手の中川が差し、巻くってきた新田が2着
直線、新田の後ろにはまった清水が4着。

平原はついていけず。


■オールスター(名古屋400)

1着 新田
2着 佐藤
5着 平原B
6着 中川

東北4車、菅田、新田、渡辺、佐藤
Hで菅田の逃げ平原、諸橋、中川の3車は車間切れた
平原Bで攻めるも新田が発射。
平原は力尽きる・・・。


■共同通信杯(松坂400)

1着 郡司
2着 佐藤
3着 平原

HB山崎、稲川、(単)郡司が3番手、4番手に平原
3コーナーで平原が外に振った瞬間にバラけて内をすくった佐藤が2着。
単騎まくり3番手の郡司が勝つ。


■寛仁親王牌(前橋D335)

1着 村上
3着 清水
9着 中川

HB三谷の番手村上が1着。
3番手の清水が届かず3着。

中川、最後方で何もできず。


■競輪祭(小倉D400)

1着 松浦
2着 清水B
9着 平原

平原、番手戦で力尽きる。



今年の平原は正直、厳しいのではないかという印象。
調子が戻ってないのか、力不足なのか・・・。


脇本がHBならば番手村上のチャンスがありそうだが、近走の勝ったのが
小倉、前橋とドームが比較的多い。

松浦は清水がいれば力を発揮出来そう。

中川も早め仕掛けでまくればいいが、番手に飛びつく選手でもなく
今回2車が近畿、中国、福島ならば厳しい展開とみます。