FC2ブログ
大宮競輪場 東日本発祥倉茂記念杯(GⅢ)予想

2021年1月17日(5)

①平原 康多  〇双子座 〇緑生&財成・緑生&財成 -(3)
②佐藤 慎太郎 -蠍座  〇減退・緑生 ◎(5)
③清水 裕友  -蠍座  〇財成・財成 -(7)
④森田 優弥  ×蟹座  ×減退・減退(6)
⑤東 龍之介  ◎山羊座 △健弱・健弱 -(6)
⑥合志 正臣  ×蟹座  〇安定・安定 -(7)
⑦鈴木 庸之  -蠍座  〇停止&達成・停止&達成 -(3)
⑧河野 通孝  ◎魚座  ◎達成・達成 〇(4)
⑨岩本 俊介  〇牡羊座 △健弱・健弱 -(3)


並び予想
③⑥ ④①② ⑨⑤ ⑦⑧
77 635 36 34


③⑥=相性はいい。そこそこ安定度あり。
④①②=これまた17日は森田は若干運気弱いが後ろ二人良し。
⑨⑤=運気よいが組み合わせ悪い。日も弱い。
⑦⑧=組み合わせいい。

今年、春先まで良さそうな平原を軸。
今日一でかなり良さそうな佐藤を本線。

穴一発、格下だが河野の運気の良さにかけてみる。

3連単
①=②-⑧⑤

結果(3連単)
①②⑦ 880円
立川競輪場 鳳凰賞典レース(最終日・特秀11R)


ちなみに我がミチテル11Rは特秀レースへ!!

①阿竹 -牡羊座 停止&達成・健弱&陰影 ⤵
②高橋 -牡牛座 乱気・財成 ⤵
③櫻井 ×獅子座 達成・再会 ⤴
④石川 -牡牛座 陰影&健弱・減退&乱気 ⤵
⑤山中 -牡羊座 立花・達成 ⤴
⑥岩本 〇双子座 種子・立花 ⤴
⑦成田 ◎魚座  停止・種子 ⤴
⑧山崎 -天秤座 緑水・健弱 ⤵
⑨小岩 -牡羊座 健弱・乱気 ⤵

並び予想(三分戦)
①⑤⑨ ②⑧④ ③⑦⑥


⑧山崎充央 46歳 土+妙雅 緑生・緑生・健弱(天秤座)

正直、4・5・6日の運気は最高によく7日は少々お疲れモード。


②高橋築 28歳 火+静雲※ 乱気・乱気・財成(牡牛座)

この二人は愛称いまいち。
お互いちょっと違うんじゃね?って感じてるはず。
高橋くんががっつり行けばミチテル差されて2着、3着だが・・・。



面白いのは①⑤⑨の牡羊座トリオ。
その中でも⑤山中と運勢かなり良さそうな⑦成田。

⑤=①=⑦-⑥③
面白そうなので⑥岩本の3着狙い。

結果(3連単)
⑦⑥③ 7,130円



それでもミチテルに夢を託す。

⑧ミチテル軸<3連複
⑧山崎ミチテル 4着
立川競輪場 鳳凰賞典レース(最終日・決勝)


さて今回も占い予想をしてみましょうw(年・月・日)

①鈴木 竜士 26歳 木+火竹 陰影・陰影・減退
②郡司 浩平 30歳 土+風行※緑生・緑生・健弱
③清水 裕友 26歳 天+火竹 財成・財成・陰影
④桑原 大志 44歳 金+大木※健弱・健弱・乱気
⑤鈴木 庸之 35歳 水-香創 停止&達成・停止&達成・種子&再会
⑥近藤 保  38歳 火+風行 乱気・乱気・財成
⑦平原 康多 38歳 土+緑水 緑生&財成・緑生&財成・健弱&陰影
⑧坂本 健太郎40歳 火+大善 乱気・乱気・財成
⑨内藤 秀久 38歳 水+大木 減退・減退・緑生

◎ ⑤鈴木庸 ⑦平原
× ①鈴木竜 ④桑原 ⑥近藤


1月7日ホロスコープ

①鈴木 竜士 26歳 山羊座
②郡司 浩平 30歳 乙女座
③清水 裕友 30歳 蠍座
④桑原 大志 44歳 水瓶座
⑤鈴木 庸之 35歳 蠍座
⑥近藤 保  38歳 乙女座
⑦平原 康多 38歳 双子座
⑧坂本 健太郎40歳 蟹座
⑨内藤 秀久 38歳 水瓶座

◎山羊座 ①鈴木竜
◎水瓶座 ④桑原 ⑨内藤
◎魚座
〇双子座 ⑦平原
×蟹座  ⑧坂本
×獅子座
×乙女座 ②郡司 ⑥近藤


並び予想(三分戦)

⑤鈴木庸 ⑦平原 ①鈴木竜
③清水 ④桑原
②郡司 ⑨内藤 ⑥近藤
⑧坂本


昨年の競輪祭で鈴木庸は平原の機関車になり平原2着。
郡司も松井機関車で1着。

⑦平原のリベンジとみます。

⑦-①③⑨-①③④⑨

結果(3連単)
⑦④① 18,470円
ただいま立川で記念GⅢ競走開幕中。

東京支部所属、山崎充央選手が出場しているので本場にて全力応援中。
初日③、二日目③とド根性見せてます。


立川競輪場 鳳凰賞典レース(3日目)

準決勝の注目。

10R
②鈴木の捲り脚はなかなか。調子もよい。
④河村君も初日は坂井の番手追走で差し、二日目は平原を追走。
 番手なら勝負になる!

①清水はNEWフレームがいまいちか?準決勝もバックにこだわるなら
 番手の⑨桑原が抜け出す。

3連単
②=④<①⑨③
結果(3連単)
①⑨② 2,610円



11R
⑦郡司は二日目11.7でスイスイ逃げちゃう。
③坂井がガツンと逃げるし⑥高橋は着を拾いにくるので⑦郡司が捲り変える。

なら南関勢で決まる。
3着に若干、穴で中四国勢と大森の差脚狙い。

3連単
⑦-①②④⑤⑨-①②④⑤⑨
結果(3連単)
②⑦④ 2,900円



12R
①平原、逃げてもよし捲ってもよし。
番手が⑨鈴木が気にくわないが走る。きっと⑥ミチテルおいてけぼり・・・。

たぶん、④藤木が逃げて②村上が援護。
ただまぁ車間切るでしょうね。

3連単
①=⑨<②③⑧
結果(3連単)
⑨①⑤ 2,890円


俺の夢
⑥<全<全
⑥ワイド=①②⑨
結果
⑥4着 3/4車輪

いやぁ流石、平原!最後は流しながら後ろ⑥ミチテルを見ていたのは流石です。
そんなの気にしないで⑨鈴木は差すw
まぁ明日は勝てないでしょ。

それにしてもミチテルの根性を見た!95点台だよ。
2020ケイリングランプリ(結果)

1着 ④和田健太郎
2着 ②脇本雄太
3着 ⑨佐藤慎太郎

まぁ凄い配当となりましたね。
当人は②脇本頭で車券を購入したので玉砕です。

今回は予想1で占いしましたが、脇本、平原、和田が抜群に良かった。
特に星座(太陽~天王星)の配置が異常に良かったのが平原と和田でした。

ちょとなかなか面白いので競輪GⅠはこれで今後も予想してみましょう。
2020ケイリングランプリ(予想2)

26歳 ⑤清水
1991年 鈴木誠

30歳 ①郡司 ③松浦
1985年 中野浩一
1988年 井上茂徳
1998年 山口幸二

31歳 ②脇本
2000年 児玉広志
2007年 伏見俊昭
2010年 村上義弘
2015年 浅井康太
2018年 三谷竜生

34歳 ⑧新田
2002年 山田裕仁

35歳 ⑥守澤

38歳 ⑦平原
2012年 村上義弘
2013年 金子貴志

39歳 ④和田
44歳 ⑨佐藤


こうみると年齢的には30歳の脇本が一番活躍しそうな年齢。
平原も最後の年あたりかな?
2012年も2013年も深谷の強力先行がいた時。

そうなれば脇本=平原のラインで狙いどころがある。
なので、いま1番人気は平原→脇本。

仮に脇本が逃げて大外から捲れる選手はいるのだろうか?


松浦=清水
今年オールスターで脇本に勝った松浦だが、その時は原田が機関車。
自身が前なら脇本には勝てないのではないか。


郡司=和田
11月の競輪祭では機関車松井の存在がデカい。
1番車なのでSを切り脇本の先行をみてから最後の捲りに構えるか?
なので、郡司は3着まで。


新田=佐藤=守澤
11月の競輪祭決勝では単騎。何も出来ず。
去年のような脇本、新田の駆け合いなら佐藤もチャンスありがだ、

あの時は脇本の番手、村上博が切れ、脇本・新田・佐藤のバック戦となった。

今回は脇本・平原となるのだから切れることはない。

だとすると、②脇本・⑦平原・⑧新田・⑨佐藤となる。


狙いは昨年1~3着の逆転。
⑦平原→②脇本→⑨佐藤

⑦②→⑦②⑧⑨①→⑦②⑧⑨①③
2020ケイリングランプリ(予想1)


①郡司浩平 土+  風行(殺界)・種子・種子・財成
②脇本雄太 金-  緑水・緑生・緑生・安定
③松浦悠士 火+霊 白照・達成&停止・達成&停止・減退&乱気
④和田健太郎 木- 緑水・財政・財政・立花
⑤清水裕友 天+  火竹・再会・再会・緑生
⑥守澤太志 水-霊 香創・陰影&健弱・陰影&健弱・達成&停止
⑦平原康多 土+霊 緑水・種子&再会・種子&再会・財成&緑生
⑧新田祐大 土+  香創(殺界)・種子・種子・財成
⑨佐藤慎太郎 水- 白照・停止・停止・乱気

◎平原・脇本・和田
×松浦・守澤・佐藤


①郡司浩平 30歳 乙女(1990/09/04)
②脇本雄太 31歳 魚(1989/03/21)
③松浦悠士 30歳 蠍(1990/11/21)
④和田健太郎 39歳 双子(1981/05/27)
⑤清水裕友 26歳 蠍(1994/11/09)
⑥守澤太志 35歳 蟹(1985/07/20)
⑦平原康多 38歳 双子(1982/06/11)
⑧新田祐大 34歳 水瓶(1986/01/25)
⑨佐藤慎太郎 44歳 蠍(1976/11/07)


◎双子=和田・平原
◎魚=脇本
×蠍・乙女=松浦・清水・佐藤・郡司


ホロスコープ12月30日 蟹座満月。
新時代の幕開け。

脇本は3月21日、最後の魚座。
翌日から牡羊座。初年度の始まり。

よって◎脇本から。
2020 読売新聞社杯全日本選抜競輪(結果)

1着 ⑨清水
2着 ⑤平原
3着 ⑥山田

展開や予想内容は完璧。しかし⑥山田があそこで飛びつくとは・・・。

立川と同じ結果になってしまった。

やはり平原は強力な機関車か清水不在なら勝つのではないか?

それにしてもまだ三谷は本調子ではない。

あー悔しい。
2020 読売新聞社杯全日本選抜競輪(予想)

このところめっきり競輪三昧です。
多摩川ボートも行きましたが、やはり人間味のある競輪がいいです。


さて決勝。

9日のスタールビー賞で、和田は郡司の番手を張り1着でした。
その時のレースは松浦-清水の並び。
昨年とは逆の並びでした。
松浦先頭打鐘で平原と競りましたが、まだまだ横の動きは弱いとみます。


8日初予選11Rで古性のH発進で松浦が番手に入り、郡司、和田がそのまま入線。

何がいいたいかというと、やはり松浦は番手ならいいが自ら動いて横の競りでは
負けてしまい、その後ろの清水が有利とみます。

また郡司、和田ラインならまだ郡司でしょう。

三谷がまだ本調子でなさそうでもHで駆ければ

⑧三谷②村上・③松浦⑨清水・⑤平原①佐藤・⑦郡司④和田 ⑥山田

これからB③松浦が駆ければ⑨清水でしょう。


買い目
⑨清水から⑤平原①佐藤⑦郡司

9=5 -1-7
鳳凰賞典レース・決勝(結果)

1着 ②清水(山口)
2着 ①平原(埼玉)
3着 ⑧河村(東京)

やはり⑥佐々木は②清水の機関車やりましたな。
それにしえても流石SSの二人ということでしょう。

⑧河村はよくついていったがそこまでか・・・。
⑤朝倉は言うことなしです。

車券は①平原頭なのでハズレ。