FC2ブログ
2020 読売新聞社杯全日本選抜競輪(結果)

1着 ⑨清水
2着 ⑤平原
3着 ⑥山田

展開や予想内容は完璧。しかし⑥山田があそこで飛びつくとは・・・。

立川と同じ結果になってしまった。

やはり平原は強力な機関車か清水不在なら勝つのではないか?

それにしてもまだ三谷は本調子ではない。

あー悔しい。
2020 読売新聞社杯全日本選抜競輪(予想)

このところめっきり競輪三昧です。
多摩川ボートも行きましたが、やはり人間味のある競輪がいいです。


さて決勝。

9日のスタールビー賞で、和田は郡司の番手を張り1着でした。
その時のレースは松浦-清水の並び。
昨年とは逆の並びでした。
松浦先頭打鐘で平原と競りましたが、まだまだ横の動きは弱いとみます。


8日初予選11Rで古性のH発進で松浦が番手に入り、郡司、和田がそのまま入線。

何がいいたいかというと、やはり松浦は番手ならいいが自ら動いて横の競りでは
負けてしまい、その後ろの清水が有利とみます。

また郡司、和田ラインならまだ郡司でしょう。

三谷がまだ本調子でなさそうでもHで駆ければ

⑧三谷②村上・③松浦⑨清水・⑤平原①佐藤・⑦郡司④和田 ⑥山田

これからB③松浦が駆ければ⑨清水でしょう。


買い目
⑨清水から⑤平原①佐藤⑦郡司

9=5 -1-7
鳳凰賞典レース・決勝(結果)

1着 ②清水(山口)
2着 ①平原(埼玉)
3着 ⑧河村(東京)

やはり⑥佐々木は②清水の機関車やりましたな。
それにしえても流石SSの二人ということでしょう。

⑧河村はよくついていったがそこまでか・・・。
⑤朝倉は言うことなしです。

車券は①平原頭なのでハズレ。
鳳凰賞典レース・決勝(予想)

その前に本日の準決勝の回想。

番手に⑤平原、3番手に①諸橋。
スタートで①諸橋が誘導を取ってお膳立ては成功。

⑨河合の後ろには⑤平原、①諸橋と援護は完璧。
あとは駆けるだけ。

やはり⑤平原、①諸橋は抜け出しかが、①河合君もよく粘った。
最後に差されて4着でしたが、S級クラスでもスピードは通用するとみた。


決勝には残れなかったが明日の10R特秀はチャンスあり。
二つある特秀レースで関東は全員10Rに集結。番組さんもよく組むわ(笑


さて決勝。

関東勢は①平原、⑧河村、⑤朝倉。

平原の後ろを回った③諸橋は⑦吉田の番手を選択。
そりゃそうなるわなぁ。関東の4番手では勝負できないし、前が河村、朝倉では・・・。

②清水は年下の⑥佐々木の番手で勝負。


(展開)
HB←⑦吉田、③諸橋、④福田
 ←⑥佐々木、②清水、⑨佐々木(雄)  ①平原、⑧河村、⑤朝倉。

⑦吉田、⑥佐々木がやりあえば、①平原はじっくり後ろで攻めらせるし⑧河村では前を託せない
ので割り切って自力勝負を選んだと思います。


①平原から3連単(②③④⑨)
ケイリングランプリ2019(結果)

1着 ④佐藤
2着 ③脇本
3着 ⑧平原

清水-松浦を一切競輪させなかった、脇本、新田のメダル組。
二人で駆けてしまえば、後ろは何もできませんね。


⑧平原はよく3着まで来ましたが、清水-松浦の後ろで周回を重ねたことによって
8番手になってしまったことが敗因でしょう。それでも3着まで持ってくるあたりは
まだまだ力がありますね。
誰か平原の機関車がいれば・・・・

そして最後は新田のスピードについていった同県佐藤の優勝。
ベテランのうまさをみました。

最後の最後まで見ごたえあり、また綺麗なケイリン。



とりあえず、当分お休みします。
また来年・・・・・。